ポンコツおじサムの部屋(オウルガレージ)へようこそ!(^o^)丿
 

 
★★ 最新版(新着情報!)は右列の【トップページ】をクリックしてね!★★ 
 
★又は「ポンコツ日記(表題)」をクリック!(メイン画面にならない時あり)★
 
小画像をクリックすると、大きくなりますよ♪ 
前ページ 2010年1月の記事 次ページ
2010年 1月 28日 (木)

2010/01/28 今度はA110のセルモーター

by ポンコツおじサム

20100128_A110__83Z_83_8BM_8FC_97_9D_81_401.jpg
1969年製ALPINE-A110 1300VC
20100128_A110__83Z_83_8BM_8FC_97_9D_81_402.jpg
リヤエンジン車です。
20100128_A110__83Z_83_8BM_8FC_97_9D_81_403.jpg
ボディはオールFRP製
20100128_A110__83Z_83_8BM_8FC_97_9D_81_405.jpg
今日はあいにくの雨模様です。
最近、乾燥していたのでちょうどよい「オシメリ」かと。
雨天気のせいか、来店者もほとんど無いので、
1969年製アルピーヌ・ルノーA110の作業をすることに。

時々不調になるセルモーターの取替えです。
取替作業はエキゾーストマニとインマニの両方とも外さないと替わりません。
このA110は、「1300VC」なので、本来はダウンドラフトの小さなキャブが付き、エキマニもシンプルなものが付くタイプが標準仕様です。
でも、
この車輌は少しだけいじってありますね。
エルメス製インマニにウエーバーキャブと自前製?タコ足ガ付いています。
このタコ足ガ厄介モノです。
非常に作業性を悪くしていますし、セルとの隙間もほとんどありません。

ま、そう言っていても進まないのでサクサクと作業開始!
案の定、ネジ類もなかなか手強いですね。
セルモーターも良く見ると形状や配線が微妙に違いますね。

それでも、その都度対策して取替え終了!
やっと、ルノー製OHV4気筒1300ccの元気な快音が聞けました(^0^)

コイツは、Fウインカーがバンパー内に組み込まれている、ややナローボディな中期型のA110です。

A110はオールFRP製ボディで車重660Kgでとっても軽くて、
低くて、小さく、カワイくて、綺麗なクルマです。ハイ。
通称「フランスの小悪魔」って呼ばれたようです。
でも、このクルマで何日間もラリーするのはさぞかし大変だ...(;´∩`)

C O M M E N T
>1969年製アルピーヌ・ルノーA110
スペイン製ですよね!
スペイン    [2010/1/30(土) 00:28]       
>スペインさま
はい、そのとおりですよん(^^)
この頃の1300VCはFRPボディの製造はスペインのはずです。
A110のFRPボディは、他にも「フランス本国」と「メキシコ」で作ったものがあるんですよね。
型があればどこでも出来ちゃう訳です。
1300VCのルノーのカウンターフローエンジンは、気兼ねなく普通に乗れちゃいます(^◇^)
ポンコツおじサム    [2010/2/11(木) 16:49]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  500


  プレビュー

前ページ 次ページ









RSS

Ringworld
RingBlog v3.10e
_Since:2010.09.20_
today
yesterday