ポンコツおじサムの部屋(オウルガレージ)へようこそ!(^o^)丿
 

 
★★ 最新版(新着情報!)は右列の【トップページ】をクリックしてね!★★ 
 
★又は「ポンコツ日記(表題)」をクリック!(メイン画面にならない時あり)★
 
小画像をクリックすると、大きくなりますよ♪ 
前ページ 2010年4月の記事 次ページ
2010年 4月 6日 (火)

2010/04/06 現代版の突っ張り棒?

by ポンコツおじサム

20100407_81_40AZ_2D1_91_BA_8F_BC_8E_D4__83__83_93_83p_81_5B_8C_F0_8A_B71.jpg
Cリングがはまっているのだ。
20100407_81_40AZ_2D1_91_BA_8F_BC_8E_D4__83__83_93_83p_81_5B_8C_F0_8A_B72.jpg
こんな風に固定されています
20100407_81_40AZ_2D1_91_BA_8F_BC_8E_D4__83__83_93_83p_81_5B_8C_F0_8A_B73.jpg
オウルガレージの前でポーズ!
ガルウイングドアはカッコイイね(^Д^)

このドアを支えているのが、
高圧のガスを充填したダンパーです。
これの圧が少しでも抜けてくると・・・・
かっこよく上げたガルウイングドアが、
スゥ〜っと下がって来て、頭にパコーンと当たるのだ(T_T)

よって、AZ-1の定期的な交換部品の一つです。
ありがたいことに、まだマツダから純正部品の供給があるのです。
今回は、下がり方が激しい助手席側に一度交換しまだしっかりしている運転席側分を取り付けて、運転席側を新品ダンパーに交換します。
早速作業開始!
で、外してみてわかったことは、
抜け掛ったダンパーでも人間の力では縮まらない!のだ。
一体、どれぐらいの内圧が掛っているのでしょうか?

今回、ピロボールの付いたボルト側は再利用の為、
古ダンパーから取り付け用ボルト外します・・・・
が、ピロボールが簡単には外れませ〜ん(;´∩`)
中のCリングが錆びて広げても溝に入り切らないのです。
これがしっかり広がらないと抜けません。
テレカを短冊状に切って押し込んでみたり、精密ドライバーや先の尖ったツールでも挑戦。
結局、
4箇所のうち2箇所のCリングで1時間以上掛ってしまいました(;´Д`A ```

それでも、交換後はドアを開けたとたんに、
”スススゥ〜”
と気持ちよく上がって行きます。

これ、純正品が出るうちに1セットはストックした方が良いかも(^^;)

C O M M E N T
>人間の力で
取り付け位置が回転中心に近いのでテコが良く効いてます.

今度,相談させてもらおうっと.
○石    [2010/4/8(木) 12:53]       
>O石さま

てこの原理も良く効いていてうまく出来ています。
が、このダンパーはホントに高圧封入タイプですねぇ(^^;)
ポンコツおじサム    [2010/4/8(木) 23:12]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  300


  プレビュー

前ページ 次ページ









RSS

Ringworld
RingBlog v3.10e
_Since:2010.09.20_
today
yesterday