ポンコツおじサムの部屋(オウルガレージ)へようこそ!(^o^)丿
 

 
★★ 最新版(新着情報!)は右列の【トップページ】をクリックしてね!★★ 
 
★又は「ポンコツ日記(表題)」をクリック!(メイン画面にならない時あり)★
 
小画像をクリックすると、大きくなりますよ♪ 
前ページ ホンダ S800・S600・N360などの記事 次ページ
2007年 5月 26日 (土)

5/26 エスに心昂ぶる!

by ポンコツおじサム

20070526__83J_81_5B_83_7D_83K_81_40_83G_83X_93_C1_8FW_1.jpg
20070526__83J_81_5B_83_7D_83K_81_40_83G_83X_93_C1_8FW_2.jpg
20070526__83J_81_5B_83_7D_83K_81_40_83G_83X_93_C1_8FW_CR.jpg
表紙を見ただけでも・・・
ドキドキドキ・・・

今月のカーマガジンは
「ホンダS800」が表紙だった。

”エス”は心躍るクルマである。

地元が生んだ自動車のカリスマ
”本田宗一郎”氏の名言。
「四輪自動車業界への名刺代わりだ」
コスト無視の宗一郎氏の理想のクルマ。

すでに二輪車では世界に名だたるメーカーに成長し始めていた
ホンダ技研の初の四輪自動車なのだ。
それが、ホンダ”エスシリーズ”である。
初めて作る普通自動車が、乗用車ではなく、
「スポーツカー」というのもホンダらしい。

この時代(1963年)には国産市販車はOHVエンジンのみで
OHCエンジンすらまだ無い時代なのである。
そこへ、「水冷DOHC 4キャブ 総アルミエンジン」の
スポーツカーが登場するのだから一大センセーショナルである。
「時計のような精密エンジン」とまで言われた名機。

乗ってみれば・・・
クイックなステアリングと足回り、
カチカチと決まるシフトなどで
「いつもの横丁のコーナーが10倍楽しい!」のだ(^o^)
興味のある人は一度は是非乗ってもらいたいと切に思う。

と言いつつも・・・
オレの黄色のエスハチ君はすでに
車検が切れて5年目に突入・・・(汗)
我家の一員になって今年で30年目となったし、
そろそろ現役復帰させないと・・・ヤバイかな?

C O M M E N T
>そろそろ現役復帰させないと・・・ヤバイかな?

ヤバイですよ。相当に、、、。
ジロちゃん    [2007/5/28(月) 01:16]       
ヤバイっすね。
ちょっと考えよっと。
ポンコツおじサム    [2007/5/28(月) 09:04]       
Sの快音を復活してください。
yotahide    [2007/5/28(月) 23:16]       
5年も放置プレイ中ですか〜、、、。まだ 上手が居ますんで ご安心を(笑)

こちらにも 今年還暦になるオーナーさんが居て なんと 不動30年!ずーっと車庫に、、、。

今年になって「生きているうちに動かそう計画」がスタートして
とりあえず ブレーキ等はOK 今セルダイを修理中ですが

このS800は あの Oン松浦御兄弟の 弟さんが ジムカーナに使っていた チューニング車両なんです^^
今年中には 動かしたいそうですが、、。 
ブローニ    [2007/5/29(火) 15:03]       
ほほお・・・…(ーー;
あの、エンジンチューナーのOン松浦さんですね。
さすが地元!
”オタカラ”が出てきますね。
中身をチョット見てみたぁ〜い(^_^)

ま、
何かありましたら連絡下さいマシ。
微力ですがぁ・・・
ポンコツおじサム    [2007/5/29(火) 17:53]       
いやぁ実は 色々頼むかもしれません^^ その節は宜しく御願いいたします^^
持ち主ってのが また 酔いたんぼのおやじで まぁ面白いんですよ〜 どうみても ヒストリックカーを 乗るように見えないんですよね〜  また 周りに変態が、、、(笑)
ブローニ    [2007/5/29(火) 18:45]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  300


  プレビュー

前ページ 次ページ









RSS

Ringworld
RingBlog v3.10e
_Since:2010.09.20_
today
yesterday