ポンコツおじサムの部屋(オウルガレージ)へようこそ!(^o^)丿
 

 
★★ 最新版(新着情報!)は右列の【トップページ】をクリックしてね!★★ 
 
★又は「ポンコツ日記(表題)」をクリック!(メイン画面にならない時あり)★
 
小画像をクリックすると、大きくなりますよ♪ 
前ページ   次ページ
2011年 6月 6日 (月)

2011/06/06 エグリ マッハ開眼! 復活修理その5 タンク偏

by ポンコツおじサム

20110605__83G_83O_83_8A_83_5E_83_93_83N_81_403_2D2.jpg
キャンディレッドで、全塗装しましたよん(^Д^)
20110605__83G_83O_83_8A_83_5E_83_93_83N_81_407_2D1.jpg
タンクの裏側は、プレス時のシワシワがスゴイ状態になってます(^^;)
20110607_81_40_83G_83O_83_8A_83_5E_83_93_83N3.jpg
塗る前の状態。タンクの上も凹んでしまってます(;´∩`)
20110607_81_40_83G_83O_83_8A_83_5E_83_93_83N4.jpg
塗り前の状態。
タンクもサイドカバー類も再塗装します。

元の状態は、タンク上部がペコンと凹んでしまっていました。
また、塗装も自家塗装でプウゥ〜と自分で塗った感じ・・・です。
それもすでに、終わってますが・・・(-_-;)

この時代は、
「キャンディ塗装」が大流行!
先にシルバーを全体に塗っておいて、
その上に半透明の有色塗料を上乗せで塗る方法。
今回はとってもキレイなキャンディレッドを選択です。

この時代の花形各車、ホンダCB750・ヤマハXS1・スズキGT750の塗装もキャンディですね(^Д^)

ボッコリ凹んだタンクは、バッチリ元どおりになっておりました。
「KAWASAKI」 のロゴも入り、白い子持ちラインもタンクサイドと上部にもちゃんと入っています。OKです(^^)

タンク裏のプレス跡は、もうスゴイ状態でシワシワになってます(^^;)
CB750K0もそうですが、こういう極初期のタンクを「シワタンク」と言って珍重するそうですよ。
プレス時の失敗作みたいなんですが当時のプレス加工技術ではこんなもんらしい。

見事にタンク&サイドカバーのキャンディ塗装も出来上がったので、
次はメッキパーツに行きましょう!  (^▽^;)
 

C O M M E N T
ウオォォォォォ〜〜!!!

赤色好きの自分には堪らん色合いです!
iceman    [2011/6/8(水) 21:31]       
>icemanさま
ねっ、
おいしそうでしょ? (^Д^)
ポンコツおじサム     [2011/6/8(水) 21:50]       
うわーっ!シワシワのよれ具合が同じで安心しました。
シワってるけどメインチューブに当たらない 笑
赤マッハでピー音鳴るけど火が入らず..もう10年保管状態です。
kyrigon    [2016/5/12(木) 13:24]       
>kyrigonさま
CDIのピー音が鳴るならもう一息でOKですよ。
Web検索してからうちに連絡くれても大丈夫です。
頑張って復活させましょう!(^0^)/
ポンコツおじサム    [2016/8/2(火) 14:18]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  500


  プレビュー

前ページ 次ページ









RSS

Ringworld
RingBlog v3.10e
_Since:2010.09.20_
today
yesterday